CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
この問題をどう思いますか?(笑)

公文の問題です!「ぼくじょうにきています。くさがはえています。」
どっちの絵がそれでしょう?っという問題です。
正解は、下の牛のいる絵です。
ジュニアは、どっちだろう?っと悩みました。
究斗は、間髪入れず、上だと言いました。上は、牧地の部分の絵が濃くなっているし、さらに草が生えているんじゃないかというところが、より濃くなって線になっている。これは、草だろう!
下だと、草があるのは、わかりますが、「ぼくじょうにきています。うしがいます。」じゃないの。
上にマルをして、昨日の公文へ。すると今朝「牛のいるほうが草があるほうだよ。」っとジュニアが言い出し、なんだろう?っと考え、「あぁ!あれか!?」究斗が間違えていました(笑)
絵がわかりにくいのです(笑)そう思いませんか?皆さん、素直に下を選びますか?
ちなみにかみさんは、上は、「草じゃなく、苔よ!」「苔?これが本当のコケにされた?(笑)」
しかしながら牛が笑っているのが悔しさを増します(笑)
| おもしろご意見番 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
イジメは絶えないね〜
__.JPG
今日の新聞にもイジメで自殺した中学生の記事が載っている〜とても悲しい記事だ。

品川区・そして名古屋市〜

イジメは、人類が誕生した時からある。大人の世界にもある。

なくすためには、世の中が住みやすい共存共栄の社会になればいいのだが、残念ながら現代の日本は、歪んだ押しつぶされそうな社会〜子供たちの社会にも微妙にも影響している。

イジメっ子・イジメられっ子〜それぞれがチェンジしなければならない。
「これはいけないんだと!」「自分がこうされたらイヤだなッと!」

そこで使命を帯びているのが「一口弁当」〜演る度にビシビシ感じる〜

写真は、先日〜富士市の中学校での講演ニュース記事。送っていただきました(^O^)

これからも日本全国〜拡げるわい\(^o^)/
| おもしろご意見番 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
イジメ対策〜
__.JPG
今朝の朝日新聞の記事〜

亜郎は〜数多くの小中学校で講演をし、校長先生を始め〜多くの先生方たちと話をしてきました。

亜郎が思うに〜イジメ差別偏見は〜太古の昔から大人社会にもあります。
現代は、日本中を覆っている閉塞感で子供たちの心が複雑多岐になっています。

子供たちは、自分一人で戦っていけるだけの人生経験がありません。
大人たちが手を差し伸べねばなりません。ただこうしちゃだめ、あぁしちゃダメとしばるだけでは解決しません。
子供たち自身が感じて変わらねばなりません。イジメっ子もイジメられっ子も!心の中は、宇宙より広い!いかようにも考えられるんだよ!っと頭でなく、心で感じて知っていただきたい!

だから「一口弁当」と「背中に輝く大きな星」は、とても大きな使命を持った作品なのです。日本中の子供たちに届けたいっと〜改めて強く感じた次第であります〜
| おもしろご意見番 | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
イジメ撲滅の願いを込めて〜
__.JPG
こちら湯河原町には、小学校が3校に中学校が1校。

亜郎のブログにも書いたが、何ヶ月前に 一人の中学生がイジメで自殺している。とても悲しい記事に心を痛めた。

今日は、そんな事もあって、普段小学高学年生か中学生にしかやらない「一口弁当」を全校生徒にやりました。

イジメ撲滅の願いを込めて〜

心は〜孫悟空の如意棒のように伸縮自在〜いかようにも変化できるのだ!

届け〜\(^o^)/

| おもしろご意見番 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
相変わらず〜多いね!
__.JPG
昨日の新聞記事〜

今月、湯河原町立の中学校の二年生が自殺をしたのです。
来月〜同じ湯河原町立の小学校で講演があるので、記事に驚きました。

原因は、イジメらしいです

いかんです!

先日、公演したミュージカル落語「レ・ミゼラブル」の中で、ジャベールの自殺の場面で、ひろし爺さんがひろし君に言ってます〜

「人生には、色んな事があるが、たとえどんな事があっても自らの命を棄てては、いかん!生きていればなんとかなるさ。」

生きているのだけで丸儲け by 明石家さんま

亜郎は、これからも〜
小学生には、ミュージカル落語「背中に輝く大きな星」
中学生には、ミュージカル「一口弁当」でイジメ撲滅を訴えていきますよ!

なんくるなるさ〜
ケ・セラ・セラじゃ!

岩盤浴\(^o^)/
| おもしろご意見番 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本中がションボリ〜
__.JPG
内川選手!あなたのせいじゃないよ〜!良くやった!みんな良くやったo(^▽^)o万歳!!!

日本中が大期待してたWBC。亜郎も日本チームだけでなく全試合見ていた。ドミニカもプエルトリコも強いと思っていたので、相当気合いを入れないとヤバイっと思っていたが〜

その通りになっちゃった。敗因を一言で言うと、プエルトリコの選手の方が勝とうという気持ちが強かった。これに尽きる。

冷静に考えてみると、山本監督に決まり、イチロー始めメジャーリーガーが誰も出場しないとわかった時、ほとんどの人が三連覇は、無理だっと思ったはず。
それが台湾戦の劇的な勝利〜お!これは!いけるかも!っと大期待に変わった。

ほんの少しの油断が生まれたかも。
それと、これまでのWBCは、第二次ラウンドからアメリカ本土で行なわれてた。それが今回から、決勝ラウンドからになった。時差や期間が空き、一つも負けられない試合がいきなり。

その勢いの差が表れたのだ。

とにもかくにも監督・コーチ・スタッフ・選手の皆さん!

お疲れ様!いや〜お元気さまでした\(^o^)/
| おもしろご意見番 | 23:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ミュージカル落語「般若心経」
__.JPG
新聞記事を見て思わず、昨日録画してたEテレの番組〜

般若心経

いわゆる宗教じゃないんだよね。

耳なし芳一が身体に書いたのが般若心経だったというのが面白かった。

なんかメッセージもらってるんだよね。作らなきゃいけない気がしてる。

一昨年〜般若心経というものを研究したのだ。きっかけは、馴染みのカフェの常連さんが霊を上の世界にあげてあげる力があり、震災時に物凄い多くの魂がやってきて、成仏させてあげたそうだ。
その話の中に般若心経が出てきたのだ。

「亜郎さん作って下さいよ」

それから〜忘れていた。
ん〜いよいよ作る時が来たようだ。

お前は何処へゆく(笑)

そう!人間パワースポットになるのだ(笑)

| おもしろご意見番 | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シラノの感想〜
__.JPG
正直に申し上げると、あまり期待してませんでした。ところが思ったよりとても面白かったです。

鹿賀丈史さんは、思ってた通りに良かったです。歌もとても安定してました。そこで分析〜シラノ役は、大きな付け鼻があります。とても歌いにくいと思います〜息つぎも大変〜

が!

これが幸いなのです!歌のポジションでは、鼻と上の歯の間がとても大事なのです。付け鼻のお陰で、そこのポジションを意識出来るので、ブレなかったのでしょう。誰よりも上手く、声に芯がありました。

ピンチをチャンスに変えるポジティブ・シンギング(いつものシンキングじゃないよ〜笑)

この役は、鹿賀丈史さん以外の人がやるには〜とても難しい役ですね。

鹿賀さんとは、2004年のレミゼのコンサートバージョンでご一緒させていただきました。とても気さくな方でした。尊敬する先輩です!

一幕は、1時間半ありました。もっとタイトに状況を説明出来るでしょうね。
二幕は、感動しました!劇的な心理展開があり、泣いてる方も多かったです!

ラストの終わり方が〜ポンポンっと盛り上がっていき、もっと何かがあると〜もっともっと感動できたでしょうね〜

とにもかくにも勉強になりましたo(^▽^)o

| おもしろご意見番 | 23:30 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
レミゼの感想〜
__.JPG
とても評判が良く、みんなが褒めてる映画なので、「本当かな?」っという気持ちも起こり、とにかく観なきゃね。っと〜

これからご覧になる方は、このブログを読まないように(笑)観にいかないって方は、どうぞ(笑)

元のミュージカルが素晴らしいので、外し様がないのだ。どう演出構成したのかがとても気になっていた。

いや〜素晴らしかった!新演出で話がわかりやすくしてます。
曲順も変更し、カットするところは、カットし良い構成演出でした!

ただ何カ所か流れが合わないところもありましたが、最後の演出は〜良いね!亜郎もやろうっと思っていて〜こうなったら良いだろうっという演出があった!これは、ホロっとくるね。

主役のヒュー・ジャックマンが本当に素晴らしかった!歌が上手い!
高音の出し方がとても勉強になりました!「彼を返して」をほぼ地声で歌ってたもんね。これには驚いた!

今度〜亜郎がこのうたを歌うときは、もっともっとやるよ!4月7日のミノトール2で歌うから聴きにきてねo(^▽^)o

それとエポニーヌがうまかった!驚くほど!

難点を言えば、舞台と違ってリアルでエグさがありました。ファンテーィヌが落ちていくとこと、ガブローシュが撃たれるところ。これは、勘弁して欲しかった!この二つの場面は二度と観たくないなあ。

後、映画だと大ナンバーが音楽的になぜか盛り上がっていかないんだよね。「ジャン・バルジャンの独白」なんてもっと盛り上がっても良いんだけどね。
繊細に歌うがゆえに、ミュージカルナンバーが盛り上がってこないっというような感じもありました。

ジャベール役のラッセル・クロウも頑張って歌ってましたが、アリアになるとキツイとこもありますね。上顎の奥のポジションがふさがっているので、音がこもってしまうんです。

さあ〜亜郎の創造するレミゼは、どう構成演出するのか〜凄いの創るよん!

ちょーお楽しみに\(^o^)/


| おもしろご意見番 | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日のパフォーマンス〜
__.JPG
乾杯の後、食事がスタートして15分後にミュージカル落語をやる事に。

作品は、一番聞いて欲しいと思える「一口弁当」

こんな状況でやるもんじゃないと当初から覚悟はしていたが〜喋り声ばかりで、どうにもこうにも誰も聞いてくれない。

こんな時どうするか!?

話に集中する。ようするにインサイドの思いを強くする。誰かが聞いている事を信じて。

別の作品が良かったのか!?それとも小話的なもので歌を綴った構成でやれば良かったか!?

答えは、どれも同じだね。

ギャラをいただいているから。仕事だからと。普通そう考えればいいだろう。

だが亜郎は、すべてにおいて何か意味がある!何かを得よう!学ぼう!っと考える。

この何日かでいくつか考える要因があった。今後の方針について。

ある方向に対して、強い気持ちで臨もうと!

一つの道筋がまた見えたような気がする。

とにもかくにも岩盤浴\(^o^)/

写真は、なんの関係もないフグの唐揚げ(笑)
| おもしろご意見番 | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/4PAGES | >>