CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 美味しかった\(^o^)/ | main | 第七回麹町寄席〜 >>
哀悼〜ありがとうトラちゃん!
とらちゃん.jpg

昨日〜トラが天国に召されました。

仕事のため朝5時半に自宅を出ました。

 

起床時〜明らかに様子がおかしかったのです。なんとか帰ってくるまで生きていて欲しいという願いは叶わず…

 

享年157か月。

 

昨夜は、一人でお酒を飲んでお通夜をしました。辛い時も悲しい時も傍で居てくれました。

身体を清めながら「ありがとう」と何度も話しかけました。

 

本日〜火葬・埋葬の手続きを終えました。

遺骨は、世田谷区上馬の感応寺に埋葬されることになりました。

 

トラは、世田谷の三軒茶屋で生まれました。写真は、その頃のです。

その近くに埋葬されることになって良かったです。

 

トラには、色んなエピソードがあります。また落ち着いたら「トラ物語」をブログに掲載します。

 

ご心配いただいてたファミ様の皆様方〜ありがとうございました!

| トラちゃん | 12:50 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
亜郎さんが
愛されたファミリー!
トラちゃん
の・・・
ご冥福を心からお祈りいたします。

 わが家の愛犬ちび(シーズー享年18歳)と別れて5年経ちましたが・・・
未だに、カレ?は私の心の拠り所なのです。
亜郎さんのお気持ちは、痛いほどよ〜く分かりますよ〜!
| さぬきっ娘 | 2012/02/13 2:17 PM |
トラちゃん、残念でしたね・・・・
亜郎さんのもとで幸せな人生(猫生?)を送ったことと思いますが、残された方は悲しいですよね。

うちも長年たくさんの猫たちとともに暮らしてきて、
別れてしまった子もたくさんいます。
どの子もそれぞれ個性があって、みんな大切な家族でした。
彼らとの別れのシーンを思うと今でも涙が出てしまいますが、それでも一緒に過ごしたときの思い出はどれも明るく楽しいものばかりです。

亜郎さんも淋しく悲しいお気持ちだと思いますが、
いつかはきっと、トラちゃんの温かい思い出がいっぱいに
あふれてきますよ!

トラちゃんのご冥福を祈りつつ・・・
| へへん?! | 2012/02/13 5:26 PM |
さぬきっ娘さん!へへん?!さん!

感謝です
ありがとうございます!

今は、時間が経つほど哀しくなるような気がします。
心の整理に時間がかかりそうですが〜仕事は待ってくれません。

これからもっと強い心をもって臨んで!挑んで!行け&#8252;っとトラに言われてるような気がしてます。

さらにパワーをもって頑張ります\(^o^)/
| 亜郎 | 2012/02/13 11:22 PM |
ここのところ、いつもいつも気にかかっておりました。
痛いのつらいのと口に出せないトラちゃん、頑張りました。
私も12年連れ添ったインコが逝った時は、号泣しました。

亜郎さ〜ん、ちからがぬけちゃったね〜。泣かないで
| ぽち | 2012/02/14 12:52 PM |
トラちゃん!!回復されることを願っていたのに・・・
残念です。
亜郎さんもとっても辛くお寂しいことでしょう・・・
でもきっと天国で亜郎さんの活躍を見守っていますよ!
トラちゃんのぶんも頑張ってください。
私はいつも亜郎さんを応援していま〜す。

ご冥福をお祈りいたします。
| トラッキー | 2012/02/14 5:41 PM |
ぽちさん!トラッキーさん!

ありがとうです!暫くは、頭から離れないでしょう。
帰宅する時が一番思い出して悲しくなります。

もっともっと良いパフォーマンスが出来るよう頑張ります!
| 亜郎 | 2012/02/15 1:06 AM |
ご冥福を祈ります。
自分のところのイヌも去年の年末に旅立ちました…。
生後2ケ月から家に来たイヌ☆まだ小さいからと、抱っこしたまま寝てました…あれから7年……
突然の旅立ち もっと一緒に居たかった
| 奏音← | 2012/02/16 2:06 AM |
奏音←さん!

ありがとう!
思った以上に辛いものですね。
心にポッカリ穴が空いたようです。

「もっとこうしてあげればよかった」という後悔の念が時折浮かびますね。
ワンちゃんのご冥福お祈りします!

合掌
| 亜郎 | 2012/02/16 8:09 PM |
こんにちは、今更ながらこちらのブログがあったことを知り、コメントさせていただきます。
実は、ずっと前にテレビで動物病院でのドキュメント番組を見まして、当時まだ落語家になりたてであった究斗さんが、猫を救って高額診療代や今後のことなどで苦悩された果て、奥様の助けもあり受け入れられたことに感激し、お手紙を出させて頂きました者でございます。
奥様からのお返事を頂いたり、時は過ぎて行くも、あの頃の猫ちゃんは元気でいるか気になっていました。
今現在、私は結婚し、なんと東京に住んでいまして、念願だった猫も飼っています。
これまた奇遇にも、飼う予定がなく…保護猫を保健所行きの寸前で知り、我が家に迎えました!
トラちゃんが虹の向こうに旅立ったことを知り、お悔やみ申し上げます。
時が経つのは早いですね…あの時、 究斗さんご夫婦が助けた命が過ぎていき…
とてもお優しいく接して頂いた落語家さんのイメージ通りです。
お台場付近に住んでいますので、一度落語を見に行きたいです!
頑張ってくださいませ。
| くう猫 | 2015/06/23 9:35 AM |
コメントありがとうございます☆〜(ゝ。∂)
時は、流れ〜様々に変化すれども思いや心は残りますね!
一度、ミュージカル落語の世界へいらっしゃいませ\(^o^)/
| くう猫 | 2015/06/24 11:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック