CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 名古屋尽くし弁当! | main | 芦花中学校なう >>
凄いご感想!

FullSizeRender.jpg
先日の奥出雲町立横田中学校さんから感想文が送られてきましたときめき花

生徒さんたちのご感想も有り難く読ませていただきました。

その中で、保護者の方から「これは、芸術評論家の方なの???」っと思ってしまうほど、素晴らしいご感想があるので、ご紹介致します。

◯いじめがテーマであったけれど、「いじめは良くない」とか「いじめはなくそう」とかがテーマでないところが良かった。
落語の中での一番のヤマ場と感じたところは、セリフは、さらっと流れていたけれど、見知らぬじいさんが少年に「君は優しい子じゃ」と言うところだった。
いじめられている子が世の中のだれかから「おまえはこの世の中にいて良い存在である」と認められた、まさに瞬間であったと思う。
大事なのは「いじめをなくそう」という大事ではあるけれどリアル感の無い言葉よりも、現実にいじめの横行する世の中で、「あのおじいさんのような存在に偶然出会える能力」。
そして大人にとって大事なのは、「少年少女たちが偶然あのじいさんのような人物に出会える確率で、じいさんの存在が社会にちりばめられている」そういう世の中を形成することだと思った。
リアルにいじめのある世の中を、リアルにいじめの暗黒から逃れる術のヒントが、じいさんとの出会いのエピソードに秘められたこの落語のテーマだと思った。

以上拍手拍手拍手拍手拍手

凄いですねびっくりびっくりびっくり!有難いねかわいいかわいいかわいい
この文章の中にある「君は優しい子じゃなあ」というのは、実はとても意識したセリフなんです。その後に出てくるセリフ「たった一人で悩んでいたんじゃなあ」もとても意識しています。

いじめは、誰にも言えないし、言いにくいのです。誰かに話せれば、心が軽くなる。道も拓けてくる。回りは、サポートできますが、結局は本人がチェンジしないとなにも解決しないのです。「一口弁当」は、そんなキッカケになる作品なんです〜。

さあ〜今日も世田谷の中学校でキュートな魔法を降り注いで参ります\(^o^)/
 

| ご感想・アンケート | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック