CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 室内型ドローン | main | クリスマス飾り >>
似顔絵付き感想文

IMG_2578.jpg

今月講演した岡山県瀬戸内市立国府小学校さんから、生徒さんの感想文を送っていただきました。

なんと似顔絵付き!いや、有難や有難や(^。^)

感想文の抜粋です!

◯わたしもともだちをだいじにしたいです。
一年生

◯きゅうと先生のことはいっしょうわすれません。
一年生

◯こえがすごくきれいで、かんどうしました。
一年生

◯きゅうと先生のおかげで、じぶんがされていやなことはしないと、わかりました。とってもかんしゃします。
一年生

◯どこがおもしろいかというと、ぜんぶおもしろかったです。
一年生

◯めちゃおもしろかったです。おかあさんにみせてあげたいです。
一年生

◯これかるもいじめにまけず、ずっとたのしくいきます。
一年生

◯またあえたらいいな。だいすきです。このおはなしのようにかなしくてもいつもわらっています。

◯ともだちとめちゃくちゃ大わらいしました。わたしもきゅうとちゃんみたいな、らくごめいじんになりたいです。
二年生

◯おもしろくてこころにのこりました。
二年生

◯わらいが止まりませんでした。お話をじ分でつくっていてすごいと思いました。
二年生

◯一口べん当は、かんどうてきな話です。こころに、のこって大人になってもわすれられないです。
二年生

◯きゅうと先生のおかげで、いじめられても元気でたのしくいきようと思いました。
二年生

◯ひろしくんのゆうきはすごいと思いました。わたしもおともだちのことでつらい時もあるけど、ニコニコがんばります。
三年生

◯落語は、すごく面白かったです。ぼくにも落語を教えてもらってクラスのみんなをわらわせたいです。
四年生

◯とても楽しくおもしろくて笑いがとまりませんでした。次はさらにおもしろいのをまっています。
四年生

◯日本のいろんな所で活やくしてください。
四年生

◯ぼくは前日までかすんでいたけど、おもしろい話をきくと少し元気になったのでよかったです。
五年生

◯もしご飯がない人を見つけたら、すぐに分けてあげて、アンパンマンを歌って、究斗先生の元気を参考にして、えがおにさせたいです。
五年生

◯究斗先生のらく語は、とても楽しいし、分かりやすいから、らく語ってこんなんだと思って、感動しました。
五年生

◯やっぱ笑顔って大事だなと思いました。これからも笑顔を大事にしようと思いました。
五年生

◯どんなに学校が大変でも、いつかは変われたら、楽しくなる事が分かりました。
五年生

◯とても感動しました。なぜかと言うと、なやみがあって、究斗先生と会ったら、少し気もちがすっきりしました。
五年生

◯笑いのつぼに入ってしまい、笑いがとまらなかったです。こんなに笑ったのも久しぶりで、とてもたのしい時間がすごせました。
五年生

◯つらい時こそ笑っていれば幸福が来るということがわかりました。キュートな生き方が分かりました。
五年生

◯イヤなこと、悲しいことがあっても笑って前向きでいこうと思いました。
五年生

◯これから先、いじめにあったときには、相談できないときは先生、先生に話をしても解決できないとき場合は、電話相談室にも電話できるかなぁと思いました。究斗先生が言われた通り、自分がされていやだったことを人にはしないことを心に決めました。
五年生

◯何かあっても笑って生きるということがすごく心にのこったので、自分もそうして生きたいと思いました。
六年生

◯ぼくは、マイナス思考で友達にえんりょがちですが、これからは明るく生活しようと思えました。究斗先生の落語は天下一品だと思います。
六年生

◯なやむよりもだれかに相談すればいいと思いました。
六年生

◯面白く今後のためになる言葉がたくさんありました。
六年生

◯私だったら、いじめられたら、やられたままか、反げきするけど、みんなが傷つかない良い方法があるんだと、思いました。
六年生

◯究斗先生のおかげで自分の気持ちを伝える事が大切だと改めて分かりました。
六年生

◯みんな平等で、幸せな世界にしたいです。
六年生

◯これからの自分に役立つ話でした。
六年生

◯また来てください。弟がまっています。
六年生

◯いじめがエスカレートしていくまえにほかの人にそうだんするのがいいとわかりました。だれかがいじめられたとしたら、こえをかけてあげたい。
六年生

◯しょうらい落語家になってみたいです。
六年生

 

| モブログ | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.aro-world.net/trackback/957495
トラックバック