CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
昨日のエピソード
__.JPG
駐車場に入れようとしてると、「パパー!」っとジュニアの声が聞こえてきた。

見ると、かみさんとジュニアがいた。

あら?お迎え?っと聞くと、もう1時間近く外に出てるとの事。なんでもうちの隣の社宅マンションに消防車が三台きてるそうだ。

え?火事?っと聞くと、警察も来てるが火事じゃないらしい。

消防車やパトカーが大好きなジュニアには、興奮してたまらないらしい。
つい先日もマンション前で事故があり、それに興奮してたのだ。大人たちが醸し出す雰囲気がわかるんだね。

それによってかみさんは、夕食の仕度が遅れ、写真の料理に〜

| おもしろエピソード | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久々のホームベーカリーパン
__.JPG
アサイーボウルとメープルチップパン〜

今日もベビースイミングへ。参加人数もとっても多くて、ママさんばかり!
とっても恥ずかしく〜なかった(笑)

ところがジュニアに水着を後前反対に着せていて、おっぱいが見えていた。
それをコーチに指摘され、ママたちにも大爆笑を誘う〜

亜郎「そそっかしいやつだな」

お前だよ(笑)

とっても恥ずかしかった(笑)

| おもしろエピソード | 16:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
昨日のエピソード〜
__.JPG
アウトレットで、かみさんが「パパ〜!」っと呼んだが、亜郎は気がつかない。
本名で呼んでも気がつかない。

そこで「亜郎さーん!」っと呼ぶとどんなに遠くにいても気がつくのだ(笑)

するとジュニアがマネをして〜

「あろ〜しゃん!」っと叫んだ。(笑)

その言い方が可愛いのだo(^▽^)o

あまりにも可愛いので、しばらく「あろ〜しゃん」っと呼ばせた(笑)

| おもしろエピソード | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ストアーエピソード
__.JPG
かみさんがストアーで買い物する間は、亜郎がジュニアの面倒をみる。

時折、パン屋に試食パンが並んでいる。それを食べさせていると間が持つのだ。

今日〜ジュニアは、そのパン屋さんの前で〜

「パンない!パンない!」
っと大きな声で叫んだ。見ると販売してるパンはあるが、試食のパンがない。

オー・マイ・スパゲッティ!

とても恥ずかしくなり、ジュニアを引きずるようにその場から離れた(笑)

ちなみにこのパン屋さんでは、時々買ってますよ。試食パンしか食べてるわけではありません(笑)

| おもしろエピソード | 20:29 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
味噌キャラメル
__.JPG
喫茶店の女の子となんだかんだ話をしたので、会計の時に、「これどうぞ。また来てくださいね。」っと写真の味噌キャラメルを三個くれた。

嬉しいね!こういうちょっとした事o(^▽^)o

見習わねば〜♪───O(≧∇≦)O────♪

| おもしろエピソード | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ちょっとモンブラン〜
__.JPG
ドトールに入り、勉強タイム〜

モンブランが美味しそうだったので、ケーキセット。

久々にドトールでケーキを食べたが、甘いなあ〜甘過ぎる〜全部食べられない!

ドトール大丈夫か〜亜郎の味覚が大丈夫かあ(笑)

| おもしろエピソード | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
珈琲プラスで〜
__.JPG
900円〜

亜郎は、基本的には、珈琲には、ミルクだけいれる。だけど写真のミルクを見ると、いつから使っているのか想像できない(笑)ちょっと黄色いし〜

ミルクは、なしでブラックでいただくことに。

さあ〜当たりかハズレか?(笑)

| おもしろエピソード | 13:29 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ランチ〜当たりかハズレか?
__.JPG
どっかでお昼を食べようと探索し、細い路地に入った喫茶店に入る。

ガラっとドアを開けると中には、お客様は、誰もいない。

しまったっと思った(笑)

写真の煮込みハンバーグを注文〜
こんなハンバーグは、初めてだ。

お味は、まあまあ〜かな?
お味噌汁は、具たくさんだった〜

さあ〜当たりかハズレか?(笑)

| おもしろエピソード | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
華の湯エピソードその2
__.JPG
写真は、頼んでいたもの。今日届いたのだ。

昨日、華の湯の浴槽を出ると、おじさんと話をしていた女性スタッフがいたので、話しかけた。とても会話が気になったので〜

亜郎「あのおじさんとどんな事をはなしたんですか?」

女性スタッフ「寒い寒いって、ここに座ってたのよ。なんでも助からない病気らしくて、医者からお湯に長く浸かっちゃいけないって言われたそうなのよ。温泉には、ちょっとしか浸かってないって」

亜郎「ご家族でいらしてたんですか?」

女性スタッフ「奥さんにも死なれて、家族はいないらしいのよ。それで気落ちしちゃってて。

亜郎「そうだったんですか。」

女性スタッフ「あたしも一昨年、娘を亡くしてね。」

亜郎「え?震災でですか!?」

女性スタッフ「ううん。震災の後、すぐに癌とわかって、入院して二週間で…」

そういうと少し涙ぐんだ。


亜郎「そうですか。それはお気の毒に。」


というようなエピソード2〜

| おもしろエピソード | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
華の湯エピソード
__.JPG
講演終えて、温泉に入る事に。

大浴場へいくと、壁にもたれて膝を抱えて床に座っている60前後の旅館の浴衣を着たおじさんがいた。

目が合って〜「こんにちは」っとあいさつをする。とても元気がなさそうだった。

トイレにいって、さあ〜服を脱ぎ始めると、そのおじさんとホテルの女性の従業員さんが話をしていた。

女性「もっと良いように考えないと」
おじさん「そうだよね。せっかくきてるんだもんね。」
女性「そうよ」
おじさん「原発から逃げてきたんだ。」
女性「そう…」
おじさん「あんな狭いとこに入れられて」

亜郎は、浴室へ。このやり取りが頭から離れない。

震災で家を失い、家族を失い、仕事を失い、生きる力や元気を失った方がどれだけいるだろう?

「何事も考え方一つ」

ゆうのは簡単だ。だが心底〜力を落とした方々には、そう効果がないだろう。

亜郎は〜やはり作らねば〜

何を?

ミュージカル落語「般若心経」

心の底から生きる活力や元気が出るような物語。

このおじさんに会うために、今日ここに来たようなもんだ。っと本当にそう思った。

いつ作ろう?八月!?お盆が終わって〜

とにかく動き始めようo(^▽^)o
| おもしろエピソード | 01:53 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/3PAGES | >>